香港到着!(1年ちょっと前との違い)

浦東空港出発。乗客は50人弱か。防護服の人間が2名いるので、空港関係者かと思ったら乗客だった。

香港空港到着は15時。そしてPCR検査を受けたのは16時。15か月前に一度経験しているので、こちら側も余裕が有る。PCR検査の方法が、以前は自身で唾液を採取する形だったが、係員が喉と鼻の粘膜を採取する形に変更されている。ともあれ、感じも良く、テキパキしていて有難い。それが終わるとReturn2HK(隔離免除措置)の登録。そして検査結果待ち。15か月前は検査結果が出るまで8.5時間かかり、冷房の寒さで凍えそうになったが、今回は1.5時間で検査結果が出て、あっさり解放。効率が非常に上がっている。空港関係者各位の努力に敬意を表したい気持ちだ。


空港の到着ホール、タクシー乗り場までの電機は最低限に抑えられており暗い。ただ、コンビニやラーメン屋など、最低限の店は開いており、経済活動の動きを感じる。病気を前提に、徐々に本来の姿を取り戻そうとしている力強さ。そんな印象を持った到着の瞬間だ。
タクシーでホテルに移動。現金を使ったのは1年ぶりだ。中国本土では、マネーの電子化が徹底しているので、現金を使う状況が無い。つい部下の水嶋さんに「香港って、まだ現金使ってる?」と確認してしまった。

窓からの景色。これは前から変わらぬ香港だ。

部屋で少しくつろぐと、ウィスキーが飲みたくなる。ホテルバーに行くと、日曜で休みとのこと(クリスマス中に営業時間延長が有ったので、その埋め合わせっぽい)。残念だが、ロビー階のレストランが酒を飲ませてくれるというので、そこに移動。

メニューにウィスキーが無いので、シャンパンのハーフボトルを注文。そして生牡蠣。

ウェイターに聞いたらウィスキーが有るというので、それに切り替え2杯。

これはサービスのチョコ。すっかり疲れが和らぎ、そのまま部屋に戻って就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です