香港(今後の展開を考える)

ここの所、コンサルティングビジネスの仕組み作りを真剣に考えている。今年中に、今までより大きな仕組み作りを終わらせたい。僕のコンサルティングビジネスは、始めて4年弱になっている。もともと、僕のノウハウをベースに商売を行っているので、「会計・税務・進出・撤退関係・外貨管理・取引方式の構築」が主軸。それに関連する、「経営コンサルティング・組織変更(合併・分社・持分買取)関係コンサルティング」を加えた業務を中心に据えて、徐々に業務範囲を広げている。また、この4年間の間に、信頼できるパートナーと提携を結び、「通関関連業務・市場調査・企業信用調査・労務管理・リスクマネジメント」に関しては、サービスを提供できる下地ができている。今年は、これらの業務をもっと総合的に対応できるよう、組織作り・仕組み作りを行うことが目標。これができれば、トータルソリューション企業が誕生することになり、夢に一歩近づくことができる。果たして年内に構想がまとまり、具体的なアクションに移れるかどうか・・・。今のビジネスを始めて以来、毎年勝負の年となっている。

尚、ここ暫く、中国ビジネス面でアゲンストの状況にはなっているが、ともあれ、今までと変わらず、(表層に左右されず)本質を見極め、腰をすえた対応をしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です