香港⇒深セン⇒上海(またもや深セン経由で上海)

朝6時半に家を出て深センに。
今日は、深センのクライアントのオフィスで打ち合わせをしてから、上海に移動する事になっている。
朝、家を出た時は、まだ道路が空いていたので、6時50分にはホンハム駅に到着した。
おなかがすいたので、マクドナルドで朝食を取り、電車で深センに。
まだ通関も空いていたので、8時ちょっと過ぎには、シャングリラホテルに到着した。
そこから、深セン会社の車で、大工業区(輸出加工区)まで移動するが、現地到着は9時半頃。家を出てから3時間後の到着。
深セン特区にたどり着くだけなら近いが、実際に工場がある場所までは遠いものだ。
深センではクライアントの方+日本からの出張者の方との打ち合わせを2時間弱。
日本からの出張者の方より、僕の本にサインが欲しいというリクエストを頂いたのでサイン。
サインをすると、「座右の銘があれば添えてください」と言われ、焦る。
理由としては、「字が下手なので、あまり長い文章を書くとぼろが出る」、「座右の銘は無い」ため。
昔、社内報のインタビューを受けた時に、好きな言葉と言われて、「究極超人あ〜る」に出てくる、「人間負けたら負けだ」という言葉を言ったら、本当に載ってしまった事がある。
これはこれで面白くてよいのであるが、さすがに、座右の銘として書くのは問題があるな。

その後、深セン空港より上海に移動。
深セン経由の上海移動は、先週の水曜日に引き続き2週連続。
今まで、深セン空港を使った事がなかったが、使ってみると、綺麗でなかなか良い空港である。
レストラン・コーヒーショップの数が少ないのが難点ではあるが。
ともあれ、搭乗手続きを済ますと、ケンタッキーで昼食。


上海に到着すると、大変寒い。
ゲートにそのままつかない(車で移動)ので、外の寒さにいきなりさらされる。
同じ機内に載っていた、おなかが出ている洋服を着ている女性が、外の寒さに「うひゃ〜」と言っている。
上海で打ち合わせを終え、ホテルに到着すると夜の7時半。
あまりの寒さに遠出をする気がしないので、隣のホテルで一人で食事。
少しの間でも外にいるのが大変辛い。
E−mail整理をして、10時半には就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です