香港(厄が明けて良い事いろいろ)

セブののん気な写真を貼り付けて、数日間ブログを更新していなかったので、仕事をしていなさそうな印象を持たれがちであったが、一応、現場復帰してちゃんと働いている。
昨日、谷垣君より、「全然ブログ更新してないじゃないですか。毎日癖で見ちゃって、ヒット数だけ贈呈しちゃいましたよ!」とクレームを受けてしまったので、早速更新する事に。
先週は、特に面白い事(ネタ)がなかったが、個人的には、厄が明けたのが大きい。
(いままで知らなかったのであるが)節分で切り替わるようなので、先週の2月3日で、後厄終わり!
本当に、昨年は、体を壊したり、眼底出血をしたり、財布を落としたり、精神的に追い詰められたり、散々な年であったがこれで終わりだ。
後厄が明けた途端、「新著出版!」
講演会の集客好調!
あと、この1年半努力している件が大詰めで、ほぼ決まりそう!
と言う感じで、調子が出てきた。
(この1年半努力している件というのは、ある意味では、人生の転機になるような出来事ですが、まだ書けないので、2ヵ月後くらいに公表します)。


あと一つのニュースは、コンサルティング部増員。
本社から水本君がやってきた。
彼は、先月まで、本社の経理部で、税務調査対応、移転価格税制の対応をやっていたし、過去に工事事務所で経理・管理業務を4年ほどやっていた事がある。
という事で、プロジェクトものや国際税務に強いので、強力な助っ人になるであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です