香港(M&Cは何の略?)

毎週、数回受けるのが、「M&Cとは何の略ですか?」というご質問。
「特に、定義はないんですよ」と変な答えをしているのであるが、やはり、不思議に思われている方が多い様なので、ここで社名の由来をご紹介。
それほどたいした由来ではないのだけれど・・・

コンサルティング会社設立に当たり考えていたのは、丸紅という名前は外そう、という点。
やはり、中立的なコンサルティング会社なのだから、商社の色がついた商号は外すのが妥当だと考えていた。
守秘義務の徹底の為、以前から主管者にも、クライアント名を一切開示していなかった(商社の商流とは一線を引いていた)。
それを、イメージ的にも徹底させる為に、商社の商号を外したということ。

では、どういう名前にするかであるが、Mという字は使いたかった。
水野も丸紅もMなので。
そこからあれこれ悩み、
● 2M ⇒ マスクみたいだから没
● M&M ⇒ チョコレートの名前になるので没
● MBC(M Business Consulting)、MMC(M Management Consulting) ⇒ アルファベット3文字以上は覚えにくいので没

そんな経緯で、最後まで悩み、M&Cで落ち着いたもの。
決めた瞬間は、「M&Mが駄目なら、M&Cでいいや」という感じだったのだけれど、「Management & Consulting」と当てはめると語呂がいいし、いろんな解釈がでてくれば、それはそれでいいやと考えた。
これが社名の本当の由来。

まあ、経緯はさておき、これからこの名前を、コンサルティング会社のブランドとして高めていくのが大事。
5年でブランドイメージが定着するよう頑張らねば。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です