広州⇒上海(最近、上海に着くとほっとするようになってきたよう

朝一番で広州経済技術開発区に行き、クライアントの方と面談。
思ったよりも早く終わったので、亀一と開発区内で喫茶店に行く。
まだ10時前に入ったので大変すいている。
二人とも牛肉麺と鉄観音茶を飲む。
店の人の感じは良いが、お茶は大変まずかった。
牛肉麺は、紅焼ではないのでちょっと変な感じ。
まあ、おなかさえ膨れればよいかと思い10時半に店を出る。

それから新白雲空港に。
新白雲は広くて(まだ新しいので)綺麗であるが、なんとなく好きではない空港。
大きすぎるのと、レストランが軒並み高くて不味いのが理由。
あと、空港のせいではないが、割り込みが多い。
チェックインカウンターで並んでいると、割り込みの人間が大変多く、係員にすごい剣幕で怒られている。
もうすこしマナー守ってくれよな、と思うが、ともあれ無事チェックイン。
空港内で、紅焼牛肉麺を食べてから搭乗。
上海へ。
飛行機はゆれもせず大変順調。
2時間後には上海虹橋空港到着。

最近の生活は、香港・上海、その次日本、という感じで、広東省にいる時間があまり取れていない。
そんな理由で、広州、深センから上海に到着すると、ほっとするような感じになってきた。
やはり、長く時間を割いている場所に愛着が出てくるものだ。
数年前までは、広州に着くと落ち着いた頃もあったものだが・・・

仕事をして、軽く直時(スペイン料理)を食べて就寝。
前日の酒が残っているので、酒は殆どのまず。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です