香港(執筆のちょうしまずまずブログは不調)

今週は本土が国慶節であったので、それなりにのんびりしていたが、残務整理をしていたら、結局一週間が終わってしまった。
前の週から、のんびりしようと楽しみにしていたので、ちょっと拍子抜け。
月末・月初は、連載原稿の締め切りが集中するので、それをこなしていたのものんびりできなかった一因。
結局、2週間で書いた原稿は、NNA2回分(3千字)、フジサンケイビジネスアイ4回分(5千字弱)、コンシェルジュ香港(2千字強)、コンシェルジュ上海・北京(2千字弱)、みずほ総研(7.5千字)というと言うことで2万字弱。あとはブログ。
来月からは、毎日新聞(関西版)の連載が月一回で入る。
結構すごいぞ、と自分を誉めてみたりする。

幸い(というか、当たり前というか)、月末・月初締めの最後の原稿を、本日の午前中で全て提出終わったので、せめてもの悪あがきで半休を取る。
今日は中秋節で、会社が午後4時で終わりなので、2時間半浮かしただけなのだが、それでも、休みをとるというのは、気分が違う。
のんびりマッサージをしてもらい、少しくつろいだ気持ちになる。

そんな感じで、原稿執筆の調子はまずまずであるが、ブログの調子は悪い。
やはりメンタルが低調なせいであろう。
前にも書いたが、ブログは自分のことを書くので、調子がよいとき(精神が高揚しているとき)は、自分が面白いと思う事が自信を持ってかけるが、低調な時は、「書いても面白くないのでは」という気がしてしまい、どうにも書く気が起こらない。
という訳で、ここ1〜2週間は、何をかいても面白くない気がしてしまう。
ここら辺は、どうしても波はつきものなので、悪あがきするより自然体で波が変わるのを待つしかない。
ブログを始める人のかなりの割合が、数ヶ月で更新をやめてしまうのも(亀一を含め)、こんな理由によるものかもしれない。
まあ、僕のブログは初めて2年なので、ここらへんの波のすごし方は一応慣れてきたけれど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です