慌しい日本出張であったが、最終日は食にこだわる

2泊3日。
滞在時間にして48時間弱の日本滞在であった。
今回は本社関連の打ち合わせが主流なので、本社ビルを上から下までどたばた走って打ち合わせる。
ところどころで、フジサンケイビジネスアイに軽いエッセイ(チャイナウォッチングの事)を書いている人ですねと声をかけられる。

最終日は、最後の打ち合わせ(午前中)が東京駅であったので、その付近で昼食を取ろうと思い立つ。イタリアンが食べたくなったので、どこにしようかと探した結果、丸ビルの36階によさそうな店があるのを発見したので早速行く。
高い。
前菜1品8000円!?
これだけ高けりゃキャビアも使うわな、という感じ。
コースは一人11000円なので、こちらの方がはるかにお得であるが、定食・コース嫌いが災いして、アラカルトを頼んでしまう。
前菜2品は美味しかった。これはたいしたものだ。
パスタは、率直に言って美味しくなかった。6000円のパスタの味ではないな。
出来るパスタも少なくて、イカ墨リゾットはあるけど、イカ墨パスタはだめ。
ペペロンチーノ無し(金取れないパスタ作らないんだろうな)という事で、メニューのものしか作らない作戦を取られてしまう。

まあ、サービスを売りにしている店のようで、客一人に2名担当が付くという豪華なフォーメーションはさすがであるが、いまいちとってつけた感があるので、ホストクラブで食事をしている様だ。行った事無いけど。

それから、成田にいって飛行機に。
エコノミーを楽しむ為に、酒やら美味しいおにぎりやらを持ち込む。
日本酒は久保田の万寿が空港においてあったので4合瓶を取得。
CAさんに「美味しそうですね」と言われながら、自分で持ち込んだ酒・食事を味わう。
「エコノミーの旅を楽しみたくば、食事と飲み物は自分で持ち込め」というのが、最近、行きついた結論だな。
そんな感じで、大変優雅に上海到着。

因みに、精神状態回復。完全復調。
これから攻めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です