新しいオフィスは禅の修行のような環境だ

今週(いや、もう先週だ)は、本土が労働節休みだったので、珍しく1週間香港で執務をした。
先日のイースター休みを利用して、香港のオフィスの引越しがあった。
引越しとは言っても、同じフロア内の移動で、個室に移っただけであるが、ともあれ、スペースが狭い。
会議室は共用のものを使えるので業務に支障はないが、執務室自体は6人入ると空きスペースがない感じ。
更に、6人が業務時間中、基本的には一言も口をきかずに眉間にしわを寄せてPCに向かっているので、光景としてはかなり怖い。
ストレスがたまるぞ。
社長の僕がこれだけ窮屈に思うんだから、部下の人間はさぞかし大変だろう。
出張に行きたがるのももっともだ。
生活も、空間も、余裕が必要というのがよく分かる。

因みに、一時心配された、水本君の耳鳴りは納まったようだ。
なにより。

昨日はジムに行って、7Km走って、サンドバッグを叩いた。
久々のサンドバッグだったけど、遠くからのジャブがスパーンときまるのが、なんとも言えず快感である。
久々にくたくたになって心地よかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です