円形脱毛を発見してショックだ!

円形脱毛を発見。
これはストレスだなぁ。
公私共に悩みが多いし・・・

円形脱毛になるのは10年ぶり。
1997年に香港に赴任したての時になって以来。
まあ、経験上、放っておけば治るのが分かっているので、あまり動揺は無いけれど、やっぱ、悩みやストレスは体に現れるなと実感。

しかし、香港赴任当時は、せっかちな上司(当時の財形部長)に踊らされに踊らされて、徹夜や休日出勤は繰り返したものの、いまから思えばたいしたストレスは無かった気がする。
それから徐々にストレスは増した訳だけど(特に、ここ数年のストレスはひどい)、これで2回目というのは、精神も体もタフになったという事だろう。

勿論、赴任当時のせっかちな上司は、根っから自分の事を「気遣いと善意の人」と信じきっていて、それが、はた迷惑なことを矢継ぎ早にお願いしてくるので難儀と言えば難儀だったが・・・

例えば、10年前の金曜日の夕方6時半。
(当時の上司の発言)
水野君、僕は帰るけど、この仕事やっといてね。
いや、急がなくて良いから。ゆっくりやってくれればいいから。
月曜日の朝8時までに、会議出席者の部数分コピーセットして、僕の机の上に置いておいてくれればいいから。
(その後、自分って気遣いの人だなぁ、という満面の笑みをたたえて帰宅)。

土・日の休日出勤でやれというのは良いんだけど、気遣ってあげてるだろ!と自信たっぷりに言わないでくれよなぁ、という感じ。
悪い人ではなかったけれど。

当時は、こういった指示の連続が僕の(当時の)円形脱毛につながった訳だが、この上司自身の思い込みの強さは、ある意味たいしたものだった。
あれだけ思い込みが強ければ、人生幸せだろうし、円形脱毛にはならないだろう。
ちょっと見習おうかな!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です