SEEDで聞いた魔法の言葉

上海に出発。
今回は、たった1泊の上海。

現時点で書けない大きなうねりが、ここ2ヶ月以上続いていて、現時点では、身も心も「ぐったり」というのが正直なところ。
香港にいる時はSEEDに行って、1時間くらい一人で思い悩む事も増えている。
カウンターの端っこで一人、心を落ち着ける。

数日前、SEEDで一人物思いに耽っている時に、オーナーの宮野さんが、「いろいろ思うところはあるのでしょうが、でも、水野さんのもとに、人が集まってきてくれるっていうのは良い事ですよね」と話しかけてくれた(これだけだとちょっと意味が分からないと思うのですが、ご容赦下さい)。

その時、心がすっと動いた。
心が疲れ切っていて、そんな風に感じられなくなっている自分を突然発見した。
そして、どんな目的であれ、僕に会いに来てくれる人、関心を持ってくれる人に、感謝の気持がわいてきた。
僕に接点を持ってくれる様々な人に対して、感謝の涙が流れてきた。
魔法の一言ってやつだな。


今、僕のカウンターとして日本で心を砕いてくれている同期のS君。
僕の下で、2年間頑張ってくれ、週末に日本に帰国した水本君。
厳しい会社立ち上げ2年間を、必死で支えてくれた、今の部下の皆な。
提携先の方、クライアントの方々、飲み仲間、あと・・・
当然の事ながら家族。

ここから先、どんな選択をするかはまだ言えないし、不確定な部分があるけど、少なくとも、どんな事が有っても、感謝の気持の中で決断ができると思う。
あと、僕を信じてくれている人を、誰も裏切らないように生きていきたい。

不安な気持に流されない力を、僕がいつも持ち続けていけますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です