マネージャーとプレーヤー

最近、香港も上海も雨が多い。
今日の午前中は、子供の校外活動で外出。
「ピックアップまでの時間を足マッサージで潰そうかな」と考えて、1時間ほど気持ちよく足をもまれていたら、その間に豪雨。
やはり、南国の雨の勢いは凄い。

途方にくれていると、マッサージ店の人が、「傘を貸してあげるから持っていけ」という。
初めての店なので、「じゃあ、電話番号と名前を残していきますね」というと、
「あなたは正直そうだから信用する。連絡先はいらないから、ともあれ持っていけ」という。

初対面の人に、正直そうと言われるのはなんだか嬉しい。
近々、傘を返しに同じ店に行く事になってしまったけど、ありがたく傘をお借りする。

海外でも、こんな小さな事がたまにあって嬉しいものだ。



因みに、昨日のブログ内容に、mattさんからコメントを頂いた。
ご回答として・・・
⇒ いえ。
  社長でいるのが嫌だとか、辛いとか言ってないので大丈夫です。
  まだまだ、頑張ります。

ただ、人間の適性(好き嫌い)として、マネージャー型とプレーヤー型が有ると思うのだけれども、どちらかと言えば僕はプレーヤー型。

法律読んで、実務に触れて、人に分からない事が分かり、人が解決できない問題を解決する事が純粋に嬉しい。
思い悩む時に、机の上の法律集とか質問とかを見つめていると、妙に心がなごんだりもする。

その点、会社経営というのは、若干苦行。
損益目標、人事(人間関係)、業務推進計画等等、頭を悩める事が多いので。

それでも、そんな風に走っていく事で、今の部下の皆なとも信頼感を持って仕事ができる。
また、信頼関係にある業務提携先、クライアントの方ともたくさんめぐり合えた。

きっと、苦あれば楽あり。
苦しみながら走り続けているからこそ、周りの方々に対する感謝と思い入れが深くなるのだろう。40才を過ぎれば、好きな事だけやるという訳にはいかないものだ。

体もメンタルも辛い事は多いけど、それに感謝して走り続けなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です