東がんで講演をしてから深せんでイタリアン

工作機械のショールーム

午前中広州で仕事をすると、東がんに出発。
今日は、長安鎮で講演会だ。
クライアント企業の方のショールームオープンに伴うイベント。

日本語での講演の予定だったのが、参加の方の割合が、日本人より中国人の方の方が多いという事で、急きょ通訳付きの講演と相成った。

僕の講演は、自分独特の話のリズムがあるし、アドリブが多いので、通訳付きの講演は避けてきた(言葉言葉で話を切るとリズムが狂うので)。
が、何事も経験だ。

通訳の方とも打ち合わせがほとんどなかったので、これはこれでハプニング続きであったが、楽しく講演は進んだのであった。

講演が終わると、展示されている工作機械を見て回る。
良く出来てるなぁ。と感心する事しきり。
品質の差は、素人の僕にはわからないけど。

講演が終わり、控室でちょっと仕事をしてから、深せんに移動。

会場から出る時、考え事をしながら歩いていたら、硝子戸に激突。
ちょっとこぶになったみたいだ。


店の前で

連れて行ってもらったのは福田区のイタリアン。

最近よく福田区に来るけど、ここは深せんのイメージとはちょっと違うな。

あまり圧迫感がなくて、清々しい。

主催者の方絶賛(の割にははやっていない)イタリアン。
この店がなくなると困るので、宣伝して下さい!と連れて行ってくれた方から頼まれる。

ピザは窯焼き。
広々した店で、ゆったりと食べられる。

主催者の方と話が弾む。
この方は、以前、マニアックな話で盛り上がった方。
先日熱中した話題は、
○ ベニーユキーデ
○ レインボーマン
○ 風雲ライオン丸
○ キカイダー
等等。

こんなマニアックな話題で盛り上がれるというのは稀有な事だ。


パスタもおいしい。
ペスカトーレにカルボナーラ。

満腹になるまで食べて、香港に帰る。

帰宅は夜の11時なので、それから仕事。

今日は早めに切り上げたので、比較的余裕の移動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です