むっとしたり感心したり

先週は、広州1泊⇒上海5泊⇒広州1泊⇒香港という行程であった。

そのため、広州⇔上海の国内往復便を使用したのであるが、国内便は、搭乗手続きが混雑して大変なので、別ルートで手続ができる、ファーストクラスのチケットを買った。
買ったのは東方航空。
前にも書いたが、昨今、東方航空・上海航空の機内のサービスは、なかなか感心するものがある。

まず、広州の新白雲空港(巨大でいつもながらカウンターが見つけにくい)に到着すると、東方航空のカウンターに行く。
ただ、ファーストクラスカウンターが無い。

おかしいなぁと思って、手が空いてそうな人間に場所を尋ねると、顔を上げようとしない。
「これは、1980年代以前を思わせる態度の悪さだ」と思い、

「ファーストクラスのチェックインカウンターはどこだい??と聞いてるんだい!!」

と声を大にして尋ねると(中国語)、うるさい客が来た!とばかりに、嫌々顔をあげて「南方航空のカウンターで代理処理する」と答える。

「態度悪いぞこのスタッフ」とは思ったが、無理やり顔をあげさせ、答えさせたので、それなりにすっきりして南方航空のカウンターに。

ここは、うって変ってサービスが良い。
やはり、広州では南方、上海では東方という事か。

パスポートを渡すと、何も言わないのに中からキャセイのマイレージカードを発見して、登録してくれた。
東方もワンワールドとはいえ、中国国内線でポイントが付く事を知らなかったので、今まで何も言ってなかった。
結構マイレージ無駄にしていた事になるが、ともあれ助かった。

そんな訳で、むっとしたり感謝したりの十数分だったが、結果オーライという事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です