南沙保税港区共同セミナー開催

会場の南沙大酒店と南沙政府の入る建物

前日の講演会の疲れを引きずり南沙に移動。

最近、講演会に対する思い入れが強くなってきた様で(よい講演会をやりたい、という気持ちが強くなってきたという事なので、基本的には良い事だが)、終わった時の反動が凄い。
どっぷり疲れてしまう感じ。

とはいえ、朝2件打合せをして、それからフェリーで南沙に。
フェリーはガラガラで、座席の周りに人がいないので、ゆったり座り、グーグー寝る。

南沙に到着すると、南沙保税港区政府と打合せ。
南沙保税港区は、昨年7月に、広東省最初の保税港区として国務院の許可を受けた。
今年終了は今年の8月末で、稼働を開始したところ。

物流園区機能、加工機能、港湾機能を備えた保税開発区と言う事で、注目度の高い保税港区であるが、まだまだ歴史が浅く、研究の余地がある。
そんな訳で、共同講演会を開催する事となった。

日時  2009年12月2日(水)
    13時会場
    第一部 13時半~16時(会場での説明とQ&A)
    第二部 16時~17時(希望者のみ南沙保税港区現場視察)
会場  南沙大酒店
参加費 無料
主催  南沙保税港区管理委員会
共催  Mizuno Consultancy Holdings Ltd、大蒲投資顧問有限公司
講演者 南沙保税港区税関、出入境検疫局、国税、水野真澄

正式な申し込み受け付けは11月早々に行います。

従来通りの、税関、保税業務管理部門、国税の発表と、僕のQ&Aだけでなく、今回は、政府機関と水野付きの現場視察も実施予定です。

是非、ご参加下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です