僕のダイエット実践記

さすがに最近は、ダイエットなんてほとんどしないけど、昔はよくやった。
特に、大学生の頃は合気道をやっていて、練習もたくさんしていたが、それを補って余りあるほど食べて飲んでいたので、定期的にダイエットをしていた。

何しろ、高校まで食が細く、なかなか太れないコンプレックスがあったので(高校2年の体重測定が49.5Kgだった)、高校3年から筋トレをはじめ、無理に食事をのどに押し込んでいたら、大学になって、運動と食事が楽しくて仕方が無くなってしまったのだ。

今までで一番効果的だったのは、月間空手道という雑誌に載っていたダイエット法。
最初の2日間は、1日一杯の味噌汁しか飲まない。
その後は、徐々に増やしていくというもの。
最初の2日間なにも固形物を食べないと胃が縮むので、3日目以降は辛くなくなる。
少量食べてもお腹が膨らむので、大体一週間で6Kgほど痩せられた。
ただ、一週間以上は決してしない事という断り書きがあった。
ダイエットで一番難しいのは継続なので、勢いで押し切ってしまうにはよい方法であったが、痩せるのが急ならリバウンドもしやすい。
1~2ヶ月後には元の黙阿弥となりやすい。
力技で、如何にも体育会系ダイエットなので、あまりお勧めできない。

それ以降は、主食抜き(若しくは、おかゆのみ)、一日1食限定、というダイエットをやった。

1日1食というのは、やはり雑誌で読んだもので、夜は好きに飲んだり食べたりしても良いが、朝昼を抜くというもの。
最初は辛いが、次第に一日一食に慣れる。
夜は好き勝手に食べられるので、ダイエットをしているというプレッシャーはない。

以上が、経験的に効果があったダイエット。
その中では、主食を抜くダイエットが、一番苦しくないし効果がある。
勿論、空手道で読んだダイエット方法の様に、一週間で6Kgという訳にはいかないが、おかずは普通に食べて、主食を抜くだけなので、あまり無理がない。
ここ数カ月を振り返ると、一番太ったのは11月の日本出張。
立ち食い蕎麦屋やコンビニが立ち並ぶ(炭水化物の誘惑が多い)日本滞在が増え、炭水化物摂取量が増えたのが原因だった。
主食を抜くのは、その逆の効果があるであろう。

まあ、こんな訳で、色々試したのであるが、当然、一番良いのは酒を抜いて、運動をする。
その代わり、無理な食事制限はしない、というものであろう。

分かってはいるが、今までは長期間酒を抜く事ができなかったので・・・
年齢的にも、無理なダイエットは体に堪えるので、運動と(一番カロリーの元になっている)酒抜きで体をしめるのが一番だ。

年末は忙しい。
クライアントの方が休みを取る前に、「今日中」・「今週中」という期間限定で質問をする為だ(制度的に、時間制限対応はしていないが、出来る限りの努力はする必要はある)。

そんな訳で、身も細る様な気分だが、細るのは気分だけで、実際には、ストレスによる過食と運動不足で太ってしまう。

気持よく年始を迎える為に、ともあれ10日間程度節制だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です