ひらめ鍋と日本酒に満足する

野菜を入れる前のひらめ鍋(上) ひらめの身は柔らかくておいしかった(下)

創英の金さんと久々の会食。

鍋が食べたい。
そして日本酒。

という僕のリクエストをベースに店を探してもらい、お互い初めての「葵」という店に決定(威寧路 x 茅台路)。

魚にこだわりのある方が経営している様で、メニューには魚の写真がずらりと並んでいる。
サザエの壺焼き、このわた、ヒラメ鍋、おでんを頼み、日本酒は八海山吟醸と浦霞純米。

金さんは、いつもより飲むペースが遅い。
年末年始は飲み続けだったようだ。
僕は、8日間で2日しか酒を飲んでいないので、体調が違う。
僕の方が、飲むペースが大変速い。

ヒラメ鍋は、ヒラメの身がごっそり入って2人前で180元。
身が柔らかくて美味しかった。
お得だ。
雑炊も美味しかったし。

あと頼んださざえの壺焼き、おでんはこんな感じ。

気持よく食べた後、寒さに震えながら行ったのが、「せいらん」の跡地(店の名前を控え忘れた)。
店の雰囲気はなかなかよい。
ターキー、シーバス、ジャックダニエル、オールドパーだと、2時間100元/人で飲み放題。
という事で、本当に100元しかとられなかった。
採算が合うのだろうかと、ちょっと心配になる。

しかし、昨日の上海は、本当に寒かった・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です