こ熊やでちょっと贅沢をする

ふかひれ梅肉

上海の「こ熊や」で会食をした。
オフィスが虹橋にあるので、花園飯店方面で食事をする事は殆どないのであるが、今回は、谷垣君(元同僚)が浦東に住んでいる関係で、中間点で落ち合った次第。

ここは2回目。
1ヶ月前にここに初めて行き、なかなか良い店ですっかり気に入った。
気に入った一番の理由は、香港の宇津木(只今休業中)で僕が大好きだった、ふかひれ梅肉(この店は、鮫軟骨梅肉という名前だったかな)がある事。


あとは、刺身を食べて、生ハムサラダを食べる。
谷垣君が小食だから、僕の食事も少なめだ。
あと、写真を取り忘れたけど、小さい串カツも頼んだ。

最後はマツタケ炭火焼(中国産ではないかと推測するが、これで100元は安い)を食べ、〆は、冷やしカレーうどんを二人で分ける。

小食な谷垣君も、「冷やしカレーうどんは、一人で全部食べられましたね」と後悔するほどさっぱりした美味しさであった、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です