広州でおもしろい店を見つけた

14日に広州の焼酎バー(ゆるり)に行った後、裏に開店した「ちょい呑みHANAだんご」という店に行ってみた。
兄弟船の大将が開いた店だ。
前に、LULUというバーがあったが、その跡地。

昔、僕が知り合いと「こんな店をやったらおもしろいね」と語っていたコンセプトをそのまま実現した様な店で驚いた。
あるメニューは、
①自店で作るもの
たこやき、ピザ
②兄弟船から取り寄せるもの
ラーメン、焼き鳥など
③ 他店から取り寄せるもの
湖南料理屋のしょうゆ炒飯・ビーフン等
で、あとは、缶詰・駄菓子・出前一丁等である。

この潔さ(殆ど自分の店で作らない)がよい。
チューハイは一律15元なので、つぶつぶミカン杯というものを頼んでみた。
チューハイに、ミカンの缶詰の中身をたっぷり入れたもの。

缶詰と出前一丁

これが魚の缶詰(温めてくれる)と、出前一丁。
出前一丁は、指定して卵を入れてもらい、韓国の辛子を振りかけてもらった。
見かけよりは辛くない。

ここで働いているのは、中国に来て1ヶ月足らずという奈津子さん。
金髪・短髪で、最初見た時は、「暴れん坊か!?」と思ったが、その実癒し系のキャラで年上に人気らしい。
まあ、22才の様なので、殆どの客は年上であろうが。

初めての注文(処理方法が良く分からないもの)が入ると、働きながら顔が困惑しているのがおもしろい。
他の客が緑茶ハイを頼んだら顔が引きつり、ウーロンハイにしたら表情にゆとりが出ていた。

そんな感じで、明らかに慣れていないが、前向きに頑張っている姿に好感が持てる。
思わず長居をしてしまった。
良い店だ。

広州滞在時には、また行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です