捨てなきゃよかった

1年前に引っ越しした時、30代で着ていたスーツを殆ど捨ててしまった。
香港赴任当時の56Kgという体重は、(ボクシングをやっていて絞っていたので)極端として、30前後の体重は58~59Kgくらい。
それが、香港に赴任して62Kgになり、徐々に増え続けて、ピーク時には68Kgになってしまった。

そんな訳で、30代前半のスーツは、10年間袖を通さず(通せず)仕舞ってあるだけという状態で、1年前の引っ越しの時は、「どう考えても、体がこのサイズになる事は、二度とあるまい」と考えて、捨ててしまったものだ。

それが、昨年7月から一日7Kmのランニングをしたら63Kgまで落ち、ここ数日で食餌制限を行ったら、60Kgまで体重が落ちた。
ここ数年、目指していた水準に、なんとか到達だ。

2着残してあったスーツを着てみたら、問題無く着られる。
そうなると、1年前に威勢よく捨ててしまったのが悔やまれる。

1年先に何が起こるかというのは、本当に分からないものだと実感。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です