社内の常識

新入社員の時、同僚が報告書の宛先に、○○部長と書いたら上司に叱られた。
「お前は、部長を呼びつけにするのか!○○部長殿だろうが!」という怒られ方である。

とは言え、学校で習った常識では、名前の後に肩書を付ければ、それで敬語になる筈だ。
「部長に殿を付けたら、馬から落馬する様な感じになるので、却っておかしいのではないか」と割り切れなく思ったが、自分が怒られている訳ではないし、上司もえらい剣幕だしで、そのままにしておいた。

そんな感じで、一般常識ではおかしくても、社内では常識という事が結構ある。
知らずに使って、感情を害されても困る。
という事で、それ以降、迷ったらともあれ丁寧に表現する事としている。
各位と書いたら、次に殿や様を付けるのはおかしかろうと思うのだが、ともあれ、丁寧にしておいて、変だと思われる事はあっても、感情を害される事はないだろう、という考え方だ。

おそらく、会社の数だけ、そこでの常識が有る。
一番丁寧にした方がよかろう、という社会人なりの判断だ。
理論的な正しさはさておいて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です