同期と道門で会食

刺身盛り合わせとアナゴ白焼

丸紅時代の元同期が4月に上海に赴任したので、彼指定の道門で会食する。
中山公園は僕のテリトリーではないので、知らなかったが、インターネット検索すると評判が良い店だ。
赴任早々なのになかなか良い店を知っているものだ。

彼は丸紅香港時代に一緒に仕事をした仲なので、同じく香港時代の同僚谷垣君も同席。
香港駐在経験者3人での会食だ。
しかし、ここ数年、会社を問わず香港駐在経験者の上海異動が大変多い。

刺身が売りの店の様で、確かに鮮度が良く美味しい。
ただ、47歳二人と43歳一人で、刺身の好みもあっさりだ。
タコ、イカ、こはだ。
そして谷垣君が選んだアナゴの白焼。

ただ、揚げものもなかなかだ。
ライスコロッケは、チキンライスをコロッケにしたもので、泣かせる味だ。
これは次回も食べよう。

車エビのフライは、驚くほど大きかった。
コストパフォーマンスの良い一品。

最後の〆は僕だけそばを頼む。

しかし、会食した同期と会うのは3年ぶり。
かつてはイケイケだった人間が、すっかり良い人間になっていたのに驚く。

歳は良い様に人を変えるというのもあるものだ。
気心の知れた3人で、楽しい会食であった。
店も良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です