またもや東方航空で日本着

上海から日本に移動。
今回も国際線を4回乗って合計22,000円の東方航空だ。
前回、散々な目にあったが、今回のチケットは、1ヶ月以上前に購入していたのやむを得ず)。

ただ、香港⇒上海の便は定刻で、座席も比較的広く、何故か食事の際にハーゲンダッツが配られた(減量中で食べなかったが)。
上海⇒成田は遅れたが、たかだか1時間遅れ。
満員であったが、一番後ろで、隣が空席の場所を割り振ってくれたので、ゆったりしていた。

前回の遅れでもう乗るまいと思った東方航空格安便であるが、今回これだけ順調だと、また乗ってしまいそうな気がする・・・
僕も懲りない人間だと思うが、この安さは魅力だ。

日本到着は昨日の夜9時半。
気温16度のアナウンス。
香港⇒上海⇒東京と、確実に涼しくなってくるのを感じる。
セーターを持ってくるべきだった。

機内で、三井住友銀行コンサルティングから依頼された原稿を執筆。
香港・華南の加工貿易において、二重帳簿(?)と受け取られる記帳方式が採用される場合が少なくないが、その理由と問題点に付いて。
上海から東京の飛行時間は2時間15分。
本当に近い。
原稿を書いていたら、あっという間に到着した。

ただ、家に付いたのは3時間後。
夜で便が少なかった事もあるが、成田は遠い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です