飲み癖・酔い癖

僕は、酒を飲む時、仕事の話はしない。
議論もしない。

仕事の話はしらふですると決めている。
会社の人間、業務提携先と酒を飲む時は、先に仕事の話を済ませて、清々しい気持で飲む事にしている。
僕の経験上、飲んで仕事の話をした事で、弊害はあれど、有益だった事(酒を飲んで話たが故に、よかった事)はほとんどない。
酔って仕事の話をする場合、
・ 些細な事に感動(名案だと錯覚)して、間違った方向に議論を進める。
・ 感情的になり、時には喧嘩に発展する。
・ 同じ議論を繰り返し、会話が進展しない。
という事態になる。
そして、翌日、何を話したか忘れてしまう。若しくは、翌日あんなに感動したアイデアが、全く見当違いであった事に気づく。
それなら、宴席では仕事の話は持ち出さず、楽しく、笑いながら飲んだ方が良い。
そこで意気投合すれば、その後の仕事はもっとうまくいく筈だ。

ちょっと話は変わるが、人の酔い癖はそれぞれだ。
怒る人、絡む人、寝る人、脱ぐ人。。。
大学時代は、ほとんど合気道かゼミの関係者としか飲まなかったので、大変真面目でおとなしい飲み会であった(量は飲んだが、関節のひねり方を延々と議論するような飲み会)。
社会人になって、酔うと脱ぐ人間が多いのに驚いた。
僕自身は、今まで酔って裸になった事は一度もないので、何故脱ぎたくなるのか理解できない。
ただ、脱ぎ癖のある人は、本当に脱がなくてはいられなくなるらしい。
24年前、入社直後の集合研修期間(3週間)に、ビール工場見学があった。
その数日前に、同じ寮の同期が、「水野どうしよう。毎年ビール見学の時に脱いで(見学後に軽いビールパーティーがある)、地方に行かされる人間がいるらしいけど、俺、酒飲んだら絶対脱ぐと思うんだ。彼女がいるから、東京離れたくないよ」と悲壮な顔で語っていた。
そこまで分かっていて、何で脱ぐんだ!?と理解不能であったが、ともかく、少しでも酒が入ると、体が自然に動くようだ。

幸か不幸か、彼は、工場見学の前日に飲みすぎ、当日激しい二日酔いだった。
ビール工場の匂いをかいだだけでしゃがみ込んでしまい、中に入れない状況だったので、パーティでは一滴も飲めずに難を免れた(?)。
その代り、別の人間がズボンを下ろして、人事部からこっぴどく叱られていたが。

ともあれ、酔って裸になっている人を見て、「仕事でストレスが相当溜まっているのではないか」と心配する人がいるけれど、あれは、単なる酔い癖で、ストレスがあってもなくても脱ぐんだろうなと思う。

まあ、外国ではあまりやらない方がよいと思うが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です