有難うございました

日経新聞主催の講演会が無事終了。
6時間の講演で、その後も聴講の方々から1時間ご質問を頂いたので、7時間立ちっぱなしでしたが、大変楽しい講演会でした。
聴講頂いた皆様、有難うございました。
また、告知のご協力を頂いた提携先の皆様、社内に案内を頂いた丸紅人事部様、主催頂いた日経新聞様に、この場を借りてお礼致します。
3万円以上の聴講料の講演会でしたが、キャンセル待ちのお申し込みで、やはり3万円以上のみずほ総研の講演会(2週間前)と合わせて、約150名様のお申込みを頂きました。

明日の劉新宇弁護士との共同講演会は、(11・12月に都内で開催する僕の有料講演会が多すぎて)殆ど積極的な告知活動ができない状況でしたが、あと一息で満席(有難うございます)。
昨日から告知活動を始めた鈴木会計士との講演会(12月19日)が満席になれば、安心して年を越せます。
これは、まだまだ座席がありますので、ご興味のある方は、是非、お申し込みください。
加工貿易、保税区の活用、中国国内販売を、移転価格、PE課税、外貨管理、通関管理の目から分析するという試みで、鈴木さんと水野のディスカッション形式で進めていきます。

都内での有料講演会の受け過ぎで、一時はどうなる事かと肝を冷やしましたが、本当に有難うございました。
心より、御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です