頑張ってる人が世の中を変えるんだと思う

はちべえ

体調崩し気味の中、広州到着。
ホテルにチェックインをすると夜の9時。

さて、今日は一人で、どこで食事をすればいいのだろうかと、電車に乗る前、(最近、広州熟練度が僕以上に増している)秘書の水嶋さんに聞いてみる。
「建国酒店(広州東駅の隣)だと、赤灯篭(はちべえ)が最近お勧めです」、というので、取りあえず、歩いて行ってみる。

結果からすると、当たりだ。
店の中国人の女性店員は、普通に(客に話しかけたりはせず)きびきび、気を遣いながら働いているし、客も、まじめに働いた帰り、という日本人でいっぱいだ。
僕が店に入ったのは9時半近くだが、それ以降も、残業が終わったばかり、という感じで、きちっとスーツを着た客が何組も入ってきて、乱れず食事をして飲んでいる。
「一生懸命働いてるな、広州の日本人」、という感じで、うれしくなるというか、同胞として誇らしく思うのは、単に体が弱ってセンチメンタルになっているだけか。

でも、一生懸命働いている人間たちが、世の中を変えるんだと思う。
ガリレオやアインシュタインの様に、人の倍以上のIQがあるのであれば、世の中変えられるのであろうが、数十多い程度じゃあ、世の中は変えられない。
せめて自分が儲かる程度。

では何が世の中を変えるのかというと、大多数の人の頑張りだろう。
そして頑張り、一生懸命さだけが、他の人を引き付けるのだと思う。
頑張らない人間、必死にならない(ある意味、自分を追い詰めない)人間には、人は魅力を感じないものだ。

一人の食事ではあったが、なんとなく明日への活力になった気がする。

あっさりとんこつラーメン

因みにこれが、〆に食べたあっさりとんこつラーメン。
一番人気は、こってりとんこつと書いてあったが、僕としては、(このあっさりラーメンでも)十分こってりしていておいしかった。
おすすめ。
満腹で、残すつもりがおいしいので全部食べてしまった。
過剰満腹だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です