プレミア焼酎を飲みながら

プレミア焼酎の品ぞろえが良い店を、東京駅付近で見つけたので、百年の孤独と天使の誘惑を一本づつ購入した。
一昨日は百年の孤独。
昨日は天使の誘惑を持参し、会食時に楽しんだ。
最近、僕は、天使の誘惑が気に入っており、価格と味のバランスは一番良いのではないかと思っている(4合瓶で5,000円程度)。

ただ、僕より2回り程度年上の方は、往々にして焼酎に対して強い抵抗感がある事を、何人かの方々の発言から知った。
一様に、焼酎は臭いから。金がない時已む無く飲む酒だったから。と言われる。
勿論、最近の焼酎は臭くはない。
プレミア焼酎などは、非常に香りが高い。
それだけ昔の焼酎は強烈であり、年長者の方々のイメージの中には、まだそれが残っているという事であろう。
僕自身、大学時代に大酒を飲んでいた頃、酒屋で買った芋焼酎が、臭くて飲めなかった(タイヤを火であぶって焦がしたような臭い)事があり、それからしばらく、焼酎を飲もうとは思わなかった。
今では、同じ銘柄の焼酎でも、匂いや味がまったく違っている。

そんな感じで、年齢によって評価・イメージが分かれる焼酎だが、今の焼酎は、随分洗練されている。
種類が多く、掘り出し物が見つかる事がある。
それが楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です