週末の花蓮旅行(太魯閣峡谷)

週末を利用して、台湾旅行に行った。
実は、中国本土から台湾に直行する飛行機に乗ったのは初めて。僕が最初に台湾に住んだ1988年は、直行便どころか両地域間の手紙もろくに届かない、電話はシビアに管理される状況だった。
そんな経験をした僕からすれば、直行便が飛ぶのは大事件で、当時「これはすぐに乗らねば!」と思ったのだが、乗る機会が無いまま数年経過してしまった。
ただ、飛行機に乗ってしまえば、空の景色しか見えない訳なので、さほどの感慨は湧かなかったが・・・
台北に付くと花蓮に電車で移動。花蓮に行くのは27年ぶり。
最初に花蓮に行ったのは20代前半の頃(台湾留学時代)。この時も週末に旅行したのだが、太魯閣は良かったものの、だまされるようにして変なホテルに泊まってしまった。
当時(27年前)は、電車の往復チケットが制度的に買えなかったので、片道で花蓮に行き、現地で帰りのチケットを買わねばならなかった。ところが、ホテルやら現地の旅行会社が帰りチケットを買い占めているので、到着直後に窓口に行っても全便売り切れと言われて焦る(払い戻しが可能らしく、電車に乗る直前だとチケットは問題なく買える事が後でわかった)。
結果として、「チケット有るよ」と声をかけたホテルに泊まったが、写真は綺麗だったものの中はボロボロ。誇張ではなく、本当に蜘蛛の巣が掛かっている部屋だった。当然、絨毯は埃だらけ、というよりどろどろの状況で、靴を履いてないと立てないし、ベッドも床よりましという汚さ。シャワーのお湯は出なかった。
こんな旅行だったが、27年経過すると別世界。非常に快適な旅行だった。時代は変わるものだ。
旅行会社が手配した観光バスに乗って、最初は海岸に。何もないが水はきれいで景色は良い。
海岸海岸2
そして太魯閣峡谷。
太魯閣太魯閣入り口
目の前の景色に圧倒される。
川と橋インディアンの顔
太魯閣峡谷は、27年前も良いなと思った記憶が有るが、2回目も十分楽しめた。ただ、3時間程度かけて回ったのだが、同じ景色が続くので、最後はちょっと飽きてしまったが。とは言え、十分に見る価値のある観光場所。満足度の高い観光であった。
トンネル的天祥太魯閣滝
これは今回の花蓮のホテル。設備もよく、スタッフの方々も皆な親切。非常に快適だった。27年も経過すると、全てが変わる・・・
花蓮の部屋花蓮の部屋2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です