金沢講演終了後、浜長にて会食

2016年7月15日は朝の新幹線で富山から金沢に移動。昼はふと立ち食いソバが食べたくなり、富山駅でかき揚げ蕎麦に生卵を入れて食べる。どうしても立ち食いソバや牛丼などのB級グルメが食べたくなることが有り、そんな時はどんな高級料理でも満足できない。この時が、まさにそうであった。そそくさとした食事であったが、思い通りの味が食べられ嬉しさがこみ上げる。

金沢駅前のANAホテルで講演を終わらせると、彩の庭ホテルにチェックインし一人で浜長へ。前回初めて訪問して感動したため、今回は一週間前から予約を取った。講演会が有ったから行くというより、ここに行くために金沢の講演を引き受けたという面も有るのは確かだ。
浜1

浜2浜3
浜4浜5浜6浜7浜8浜9浜10
こんな感じで一人幸せに食事をする。鯛の洗いを食べた後、皮・骨を炙ってもらったのが本当に美味しかった。
これにて取りあえず、広州市政府講演のサポート+3か所巡業は終了。ただ、7月21日は企業研究会主催で4時間の外貨管理セミナー。8月2・3日は大阪と名古屋で講演会。忙しく動き、間で楽しむという生活が続く事になる。大阪・名古屋の講演が終わった後は、1~2日の夏休みを取って、石舞台古墳と嵐山嵯峨野を散策しようかと計画中。
浜長での食事は21時に切り上げて、そのままホテルに戻って就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です