上海での講演会後、四川料理を食べる

9月17日に、上海でビジネス講習会。
収容キャパ限界のお越しを頂き、有難うございました。

講演会が終わると、俏江南で会食。延安路の店(881会所)は、年に数回使う店。

四川料理は、会食相手が辛い物が苦手だと辛いので、事前確認が必要だ。10年以上前に、5名ほどで食べた時、その内3人が辛いもの苦手で大変なことになった事がある。今回の会食相手は、僕以上に辛い物が好きなので、遠慮なく辛い物を注文。2日連続の辣子鸡となったが、大変美味しい。

麻婆豆腐に宫保虾仁。丁度良いからさ。

そして、四季豆炒め。サービスも良く、会食を楽しめた。
満足のあまり少々食べすぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です