和平飯店オールドマンジャズ・ペニンシュラバー

両親到着初日の会食後は、和平飯店のオールドマンジャズバーに行く。
ここの初訪問は、1985年。生まれて初めての中国訪問の折(大学3年生)、偶然見つけた場所で、有名な場所だというのは、後で知った。今とは違って、娯楽が無かった時代だけに、この音楽だけでも、十分刺激的に感じたものだ。老人の奏でるジャズに、西洋人が興奮して踊りだしたのを覚えている。

今では、趣向も随分変わり、バンドは何組かが交代で演奏するし、歌手も登場する。
ただ、ほのぼのした演奏が売りで(わざとやる気がなさそうに演奏しているのではないか、という疑惑がぬぐい切れないが)、この雰囲気は、ここだけの特別なものだ。

外灘を歩いて、ホテルに戻る。
そして、翌日の夕食(外灘3号のMercato)後は、ペニンシュラのバーに行く。
宿泊ホテルを、和平飯店にするか、ペニンシュラにするか、最後まで悩んだのだが、ペニンシュラに決定した理由は、ここのルーフトップバーに行く事を考慮してのもの。ここからの眺めが素晴らしく、そして、ちょっと空恐ろしく思える様な、中国の発展が、一瞬で体感できる場所だ。


ただ、残念ながらの雨で、2日ともルーフトップバーは閉鎖。下の階のバーで我慢するが、お願いすると、個室のベランダに案内してくれた。気遣い、サービスに感謝。

1985年には、競争原理も発達しておらず、レストランでオーダーを取ってもらうのも一苦労だった。それが、この変わりようだ。
コンサルティングを開始した時(2001年頃)、僕は講演会で、「中国で高層ビルが建ちならんだ事は驚かないが、中国人が笑顔を見せる様になったことに驚く」と、よく話した。それから20年弱が経過して、競争原理、サービスは比べ物にならないくらい定着してきた。
この人口で、競争原理が定着すれば、すさまじい事になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です