オフィス付近の桜と最近の雑感

オフィスでTV会議をする必要が有ったので、久々に出社したら(自分は横浜の実家で在宅勤務中。他の社員も同様に在宅勤務中)、福岡銀行の会報が届いていた。2020年1月20日の福岡での講演会の紹介が出ているため。思えば、このための出張以来、中国に戻れていない。その当時は、こんな事態になるとは思わなかった。まさに一寸先は闇だ。

早く中国に戻りたいという気持ちはあるが、各地(上海、広州、香港など)は、通常通り機能しており、業務に支障は生じていない。また、第一四半期は、おそらく連結黒字は維持できそうだ。例年より利益が伸びないのは致し方ないが、この環境を踏まえれば健闘と言えるであろう。過去20年弱、各子会社に権限を移動し、人材を教育し、組織が自立できるように考えて運営してきたつもりだ。その結果が出てきているのを感じられるのは嬉しい。ただ、実務者(コンサルタント)の立場としては、自分が実家に引きこもっていても、業務がつつがなく回っているのは、寂しいような、妙な感じはするのだが・・・

オフィス付近の桜。
やはり、日本人だから、という事であろうが、桜には過去の色々な思い出がある。ただ、一番印象深いのは、高校3年生になりたての時、これから受験しなくてはならないんだと、悲しい思いで眺めた桜。今でも桜を見ると、その時の気分を思い出す。
そして、社会人になると、我ながら古いタイプのモーレツ社員で、のんびり桜を眺める時間は無くなった。1997年からは、海外に出てしまったのでなおさらだ。
こんな風に、(長い期間)のんびりと桜を眺めるのは、本当に久しぶりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です