上海到着後の手続の流れ

上海での入国について、忘れないうちに書いておこうと思う。
一部の情報は、香港から上海に移動する方に限定したものとなるが、その部分はニッチな情報という事で。

1.健康宣誓
まず、中国入国前24時間以内に、健康宣誓をする必要があるが、これは、香港入境時と、概ね同じ要領で、スマホで、QRコードを読み込み、出てきたフォーマットに情報を入力する形。
このQRコードは、例えば、キャセイの場合は、搭乗便の案内EmailにURLが有るので、ここをクリックすれば、出てくる。

僕は、まず、ウィチャット(英語版)でやろうとしたが、入国直前14日間に滞在した国・地域という部分に、香港が無い。中国(China)はどうか、People’s Republic of Chinaはどうか等、探したもののやはりない。全く進まず、時間切れになりそうで焦ったが、ウィチャット経由を止めて、税関サイトで申告したら、あっさり登録できた。ウィチャット設計ミスかと思われるが、(将来修正されるかもしれないが)香港から中国本土に移動する方は、税関サイトを使用した方が良い。

2.上海到着後
上海に到着すると、「サンプル取得の承諾書に署名」⇒「PCR検査」⇒「入国審査」⇒「バゲッジクレーム」⇒「(リニアの乗り場付近で)居住情報インプットとQRコード取得」⇒「行先(何区か)表示場所に集合」⇒「バス乗車」⇒「ホテル」と、流れるように進む。
ホテルも、区単位なので、選択の余地はない。少なくとも、長寧区の場合は、部屋も同様、選択肢無し。3食付きで、1泊360元の自己負担。

3.PCR検査
上海のPCRは、鼻の粘膜での検査であった。両鼻を、ひとつづつ。
丁寧にやってくれたため、痛さはなかったが、両鼻の奥まで綿棒が入り、ゆっくり入念に回転されるので(次は、逆回転)、喩えるならば、直腸検査の様な微妙な辛さが有る。

ここらの手続は、状況変化とともに、刻一刻と変わるであろうが、取りあえず、自分の経験(2020年10月23日時点)は、この様なもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です