香港式火鍋を食べる(御品港式火鍋)

12月5日(土)の夜、星空広場の脇にある、御品港式火鍋で会食をした。寒くなってきたので、火鍋が食べたい。特に、香港火鍋が食べたい。ちなみに、僕は、四川料理は好きだが、重慶火鍋は、あまり好きではない。

香港火鍋のどこがおいしいかというと、おそらく、醤油ダレだろう(個人的見解)。一人HK$200程度あれば、食べて飲んで(飲むのは、ピッチャーで出てくるビール)満足できるのが良さだ。ただ、上海では、そういう店が見つかっていない(香港火鍋で安い店はあるのだろうか。ご存じの方は教えて下さい)。致し方なく、高級火鍋店に行く。

香港では、魚の皮の揚げたもの(炸鱼皮)をつまみにビールを飲んで、次に豆腐類をどっさり頼む(一番好きなのは、山根というボール状の油揚げだが、それを皮切りに、揚げ湯葉、高野豆腐など)。結構な頻度で、店員さんから、中国語が分からない外国人だと思われ、「みんな同じようなものだぞ」と止められるが、「当然知ってるさ!」と切り返す。次に、フィッシュボール類と、安めの牛肉を頼んで、最後に、出前一丁で〆、というのが、何時ものパターン。一方、この店は上品で、勝手が違う。
美味しいのは確かだが、お行儀よく食べなくてはいけない。

トコブシ(中国語で小鲍鱼)が、比較的安いので頼んだが、鍋に入れたら縮んで行方不明になったので失敗。次回は、もう少し、うまく茹でよう。そして、豚肉と野菜の盛り合わせだ。

これでおなかは膨れたが、手工麺というのが美味しそうだったので頼んだが、大正解。これは美味い。そんな感じで、大変満足して、食事を終える。
ちなみに、帰宅途中に見た看板。最近、すき焼きの宣伝をよく見かけるが、はやっているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です