青島から上海へ

隔離最終日。飛行機が17:15出発から20:50に変更となった。
それも有って、ホテルからの出発が13時から14時に。それでも15時には空港到着するので、5時間以上待つことになるが、まあ、気は心という感じだろう。

みんなでバスに乗り込み、お世話になったホテルを出る。ちょっとジーンと来る。
空港到着するが、通常時とは違う。空港内店舗は全て閉鎖されているし、表示されている便は3便だけ。北京、大連、上海が各一便だ。フライトはほぼほぼキャンセルされ、上海行は20:50以外には選択肢がなかったわけである。隔離ホテルのグループチャットを見ていると、各位が手配した飛行機がどんどんキャンセルされていくので、「こんなに頻繁にフライトキャンセルされるものか?」と不思議に思っていたが、こういう事かと合点がいった。
ホテルからの人間は、この部屋でずっと待たされる。結構長い待ち時間だが、3週間の孤独の後だけに、周りに人がいるだけで嬉しく、あまりつらさを感じない。

18時くらいには、お腹がすいてきたなと思っていると、驚く事に弁当が配られる。助かった。そして、意外に美味しいので、ほぼ食べきってしまう。

そして、20時ちょっと前、係員に先導されて全員で搭乗口に。

ほぼ定刻に上海に向けて出発した。
3週間という期間は長いものの、青島のホテルは(隔離施設にすれば)快適だった。では、次回の隔離があるとして、青島か上海かというのは、少々考えどころだ。4回の隔離経験で、隔離される能力(?)レベルは上がってきて、上海のホテルでも2週間程度なら何とかなるのではないかと思えてきた。その状況で、2週間で、もう少し良いホテルに変わることが出来(隔離中の環境変化は極めて大切で、メンタル改善に役立つ)、そこで1週間滞在すれば上海の隔離は終了する。飛行機移動の手間も無い。
青島は3週間と長い(更に、青島自体の隔離期間は4週間と長い)し、飛行機手配と移動の手間がある。まあ、通常時なら飛行機の手配はもっと楽なのであろうが、最後の移動はそれなりに面倒ではある。まあ、出来ればもう隔離は容赦して欲しいところ。暫く考えるのはやめよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。