2022年3月1日(静かに時は過ぎてゆく)

3月1日(隔離6日目)。何やらあっさり時間が経過していくので、少し拍子抜けするくらいだが、良い時間を過ごしている。
食事の支給が極めて規則的なので(8時、11時半、17時半)、生活も健康的になる。なんだかんだで夜8時半頃迄仕事をしているが、それでも9時前にはベッドに入る。翌日は、空腹で朝5時には目が覚めて、6時頃から仕事と筋トレを始める。
穏やかな気持ちで仕事もできるし、本当に良い機会をもらったなという意識でいる。
酒も、全く飲みたくならない。ウィスキー2本まではハンドキャリーできるので、持っていった方が良いと沢山の方から勧められたが、3週間の禁酒期間を作りたかったので、敢えて持っていかなかった。飲みたくなることは無い。


驚くべきことに、このホテル(隔離施設)は、週に一回、洋食か中華を選べる。最初は自動的に洋食だったが、土曜日(切り替え申請の日)に変更申請。やはり、中華の方が当たりだ。

しかし、自分は他の隔離を経験しているので、これがどれだけ有難い対応可が分かるが、最初の隔離がここだった人は、それが分からない。次に他地域で隔離されたら苦労するだろうな。何事も、「不便を知っている」というのは強いものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。