封鎖準備をしながら思う

昨日、ロックダウンを知ったときには、既に食料・水の備蓄を済ませていたので、改めての買い出しは不要だが、一応、付近のルイビトンビルまで様子を見に行った。

ビル全体には人は少ないが、地下の久光は満員とは言えないが、購入者の行列が長いので、「並ぶのが面倒」と思い、買わずに出てきた。一応、念のため、という事で、付近の小さな個人商店で水を購入。今まで、全く覗いてもみなかった(除く気にもならなかった)小さな店舗が、店の人が親切なのを発見。これが、今回の収穫かな。

その後、念のためウィスキーを2本買い出し。スーパーに行くと、酒と生鮮品のレジが一緒なので買いにくい。酒屋に行こうと自転車を漕いでいく。シーバスを2本。とりあえずロックダウンの4日間は、また禁酒日にして、筋トレをしようと思うので十分すぎる量だが、残しておけばよい。これで封鎖準備は完了だ。
街は、物が買いにくい事を除けば平和なものだ。中国内の報道では、内需の伸び悩み(輸出依存)の状況が危惧されているが、今日だけを見れば「え?購買意欲すごいよ」と、問題を忘れてしまいそうな状況だ。

しかし、35年の社会人経験(というか、1985年の大学の初中国旅行の経験以降)が、今回の様な時のメンタル維持に色々役に立っている。
切っ掛けは、大学3年。まだ糧票が有った時代(豊かになる前)の中国を旅行し、「物が無いときは、売る人の方が買う人よりも偉いんだ」というのを実感した。つまり、物が豊富な時はお客様は神様だが、物がなければお店様が神様だ。
こういった発想の転換をしたことが、自分的には良かったと思っている。これは、今後の日本で、十分有り得る話。自由貿易協定の確実な展開、健全な物価の引上げ、その前提となる雇用の安定をしないと、日本も「お店様」の時代になるよ(つまり、欲しいものが買えない時代が来るよ)、と危機感を持ちながら何時も思うのであるが、この話に共感してくれる方は、まだ少ない。
ともあれ、この備蓄時期にも、なかなか丁寧に対応してくれる今の中国の店舗は、1980年代(外国人がまず最初に覚える中国語は没有だと言われた時代)とは大違い。これは外国人として、感謝しないといけないなと思う。時代は変わった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。