こぼれ話(洞窟ホテル)

大学時代の中国旅行(1985年夏)の写真が出てきたので見直してみると、なかなか面白い。

当時は綺麗だと思っていたホテルが、写真で見直してみると悲惨なほどぼろぼろだったりして、記憶と実際のギャップが随分あるのが分かる。

当時の1ヶ月の中国旅行で一番印象に残ったのが、輪タクに騙されて(?)泊まった、杭州の「洞窟ホテル(写真)」である。

病み上がりで気が弱くなっていた僕は、杭州駅で輪タクに「ホテルを紹介してやる」と言われて、そのまま着いていってしまった。結果として紹介されたのがこのホテルであるが、外から見ると工事現場にしか見えない。部屋代は一泊5元程度だったと記憶しているが、保証金を100元取られ、パスポートも預けなくてはいけない。こんな条件では、今ならさっさと断っているが、当時は押しが弱かったのか、そのまま部屋に泊まってしまった。

しかし、この部屋はひどかった。

地中にあるので、当然窓は無い。部屋は小さい。トイレもシャワーも共同。ドアの鍵をかけておいても、朝7時半ごろになると、ホテルの人が部屋の中を掃除していたり、ひどい場合は、目を覚ますと物売りのおじさんが、カタログを持ってベッドの脇にいた事もある。

更には、隣の部屋の人、そのまた隣の人等が、次から次へと現れ、「列車のチケットを買ってあげよう」、「外貨兌換券を人民元に替えてあげよう」などと言って来る。

悪い事には、北京行きのチケットがなかなか買えず、このホテルに一週間も泊まる事になったが、ホテルの部屋が限られていたので、連れの同級生と、男二人で小さなベッドに寝る羽目になり、(お互い)大変不愉快であった。

結果的には、保証金もちゃんと返金してくれたし、騙された訳ではないのだが(輪タクに紹介料をよこせとすごまれた程度)、当時は中国語もろくに分からない為、一体何が起きているのか分からず、随分精神的なプレッシャーを感じた。

これは、よほど強烈な印象だったようで、あれから、20年弱が経過した今でも、仕事等でストレスが溜まると、必ず部屋に閉じ込められる夢を見る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です