上海(全体会議)

朝7時半にロビーに集合し、全員で出社。
9時から終日全体会議。
30人程度の出席者で、長春・北京・天津等、各地から主管者が参加している。
長い会議であったが、30分程度の時間を貰い、コンサルティング展開に付いてプレゼンをする機会ができたのでありがたかった。
現在、華東以南を主な舞台としてコンサルティング展開を行っているが、天津・北京・大連等で、僕の活動に賛同してくれれば、活動の基盤を一気に広げる事ができる。
天津会社の社長より、是非一緒に!との意見を貰ったので、具体的な対応を練ろうと思う。


発表では、先ず、この4年間の業務展開を説明したので、少々思い出に浸ってしまった。
思えば、コンサルティング業務を始めたのは、2002年の事(下準備は2001年中盤から)。
当時は、サービス内容も決まってないし(当然、料金体系も)、僕の知名度も無い。
コンサルティングの組織もない中で、社内で協力してくれる人を探し、暗中模索のまま、気合と根性論だけで、数千万円の請負額を予算化した。
それを何とか達成し、それから毎年、(これも気合と根性論で)請負予算を倍倍にし、4年連続達成してきた。
今のグロス収入を、倍にした段階で、ベンチャー市場に上場する可能性が見えてくる。
早くこれを実現させ、5年を目処に上場を実現したい。
そんな内容を、会議と懇親会で発表。
将来の話となると、皆な、僕が単なる夢物語を語っていると思っているのでは。
実際、目標は、まだまだ影も見えないほど遠いので、夢に近い感覚なのかもしれない。
拠点(組織)、人、サービスパッケージの充実、提携先の開拓・・・、まだまだ課題が山積している訳だし。
ただ、人が信じてくれなくても僕は本気。
ゼロから4年間でここまで来たわけだし、今までだって、人から「どうせ無理だよ」と言われながらここまで来たわけである。
夢は必ず実現させる!という意思を持って、ひと頑張りしてみよう。


最後は、(またもや)伊藤屋で会食。
昼の弁当も伊藤屋だったので、まさに伊藤屋デー。
これだけ、各地から大勢の人間が集まったのは久しぶりだし、前向きな会議だったので、皆な幸せそうに飲んでいた。
中には、無意味な(失礼!)乾杯を繰り返し、ヘベレケモードとなっていた人もいたが。
残念なのは、一番安い飲み放題パッケージだったので、悪い(一番低いグレードの)酒しか飲めなかったのと、頼んだ料理が多すぎて、一番美味しそうだったすき焼きが、全く食べられなかった事。
残った料理を持ち帰りたいくらいであった。
ともあれ、たくさん騒いで、紆余曲折があって、最後は、仲の良い広州会社社長と2人でバーに。
お互い(広州会社+コンサルティング部)、今年は予算達成できそうなので、簡単にお祝い。
最後に、ほっと一息。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です