香港⇒東京(日本の寒さはシャレにならん)

朝の便で日本出張。
搭乗は10時から開始であるが、9時に飛行場に到着したので、朝食を食べようかマッサージをしようか「う〜ん」と考え、結果としてマッサージをしてもらう事とする。
いつも行く(とうか、数回行った事がある)、仙足という場所以外に、クイックマッサージの店がある事を前回発見したので、そこを試してみる。
結果として、こちらの方が当たりであった。
たまたまマッサージ師の人が良かっただけかもしれないので、次回、もう一度試して結果を出そう。
30分のマッサージでHK$250という値段は、香港相場では高い(中国内地の相場と比べると、べらぼうに高い)が、日本と比べると、それほど気にならない感じかな。
マッサージ後は、かなり軽くなった感じがするので嬉しかったが、重い鞄を持ち歩いているので、暫くすると、直ぐ肩が凝ってしまう。
荷物の多さを何とかしなくてはならない。
持ち運ぶ書類の多さは致し方が無いとしても、せめてもう少し軽いPCが欲しい!

飛行機では、一心不乱に講演会の準備と資料整理。
これだけ、直前まで追い詰められるのは珍しい。
離陸ぎりぎりでやっと準備が完了する。
因みに、機内食のシーフードカレーが大変不味かった。


日本に到着すると、ともかく寒い。
暑い香港に慣れきっている身としては、悲鳴を出したいくらいの寒さである。
成田エクスプレス⇒東京駅からタクシーで、何時も宿泊する飯田橋のホテルに到着すると、既に夕方6時。
軽く荷物を準備すると、大学時代の友人(釜口君)と早稲田で会食。
彼は、最近独立して、不動産鑑定士事務所を開業したので、久しぶりに会って、早稲田で飲もう(開業祝いをしよう)という事になったもの。
ところが、早稲田は入学試験中(春休み?中)という事で、店がどこもやっていない。
暫く歩いて探そうとするが、あまりの寒さに辛くて、早稲田で飲むのは断念する。
結果として、また飯田橋に引き返して、神楽坂で飛び込みの店に入る。
料理は可も無く不可も無く、という感じであまり感動はなかったが、酒はいろいろ揃っていた。
田酒(日本酒)、魔王(焼酎)等を飲むが、明日の講演が気になり、量は飲めず。
店を出て、宿泊のアグネスホテルのバーで軽く飲んで解散。
気心知れた中なので、ゆったりと飲めた。
彼は、個人向けに、不動産鑑定のポイントを解説した資料を作成中との事。
今後の発展を期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です