上海(マイツの方々と会食)

昨日は、上海到着してから面談を2件こなすと会食となった。
業務パートナーの方々(中国企業)との会食で、総経理も出てくるので、少々警戒して参加。
何を警戒したかと言うと、当然、乾杯。
先方は、総経理を含めて5名(内、女性2名)。
こちらは、4名(内、女性1名)。
一見、乾杯要員は遜色ない様に見受けられるが、当方、酒が飲めるのは僕と水本君の2名だけ(男性中国人の部下は、運転してきたから飲めず⇒「車置いて来いよ」という感じ)。
相手は、女性を含め、全員飲むので形勢不利は明らかで、特に、女性の一人がしきりに過酷な乾杯を持ちかける曲者。
「ビールはやめて上海老酒を飲みましょう」という相手側総経理の強いこだわりで、いきなり、老酒の乾杯が繰り広げられる。
最初は、受けてたつのは大半僕だけ。
盛んに、相手方の部下が、乾杯を持ちかける。
「このまま行くとまずい」と考え、水本君に「君がもっと先手を仕掛けて、相手を弱らせてくれ」と指示を出す。
これが功を奏して、まずまず余裕を残して、会食を終えた。
水本君はギブアップ寸前で、這うようにしてホテルに帰っていったが、時間が早い(会が終わったのは8時半前)ので、よく寝て回復できたようだ。



今日は、仕事をこなすと、夜はマイツの池田社長以下と会食。
上海で似た様なビジネスをする訳だし、面識作りの意味合い。
NNAの三井さんが仲立ちをしてくれた。
オフィスを見学させてもらう。
たいそう立派なオフィス。
1993年から上海に根付いて大きくしたそうで、僕は何時になったらこれだけ大きなオフィスを持てるかな、と感心しながら見せて頂く。
その後は、伊藤家で会食。
伊藤家開業早々、池田社長の奥様が、味付け・作法の指導をされたと言う事で、こだわりのある店との事。
一次会、二次会、たいへん楽しく盛り上がりました。
マイツ様、NNA様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です