東京(今だから話しましょう。去年何を悩んでいたか)

5月20日のブログで書いた通り、上海+香港に丸紅100%出資のコンサルティング会社を設立し、その社長を兼務している。
昔から僕が書いていた将来像(先ず、香港・上海にコンサルティング会社を作り、次に、この統括会社を日本に作る。その上で、上場を目指す)の第1ステップが実現した事になる。
まだ第一ステップだけど、ここまでなかなかたいへんだった。

実は、1年以上前に、丸紅香港華南会社主体でコンサルティング会社を設立しようという話があった。話はかなり大詰めまできていたが、急な主管者交代で、これが白紙に戻ってしまった。
これが昨年(2005年)4月の事である。
更に、昨年9月、今年(2006年)の4月に僕が日本(経理部)に帰任する事が、香港華南会社主管者と本社の間で合意されてしまった。
現場で積み上げてきたものが、あっけなく白紙に戻ったのが4月。異動が決まったのが9月。
この流れは良くないぞ、と真剣に悩んだわけである。
日本に帰るのが嫌な訳では無い。
里心もちょっと付いている。
ただし、会社も出来ず、会社の対応部が日本に無い状態で帰国すると、今まで積み上げてきたもの、つまり、5年かけて、少しずつ築いてきたビジネス・部下・組織・クライアントの方々がゼロになってしまう可能性が極めて高い。
組織が自然消滅すれば、部下達にも申し訳が立たないし、クライアントの方々にもご迷惑をかける。それ以上に、自分が信じて作り上げてきたものが、みすみす壊れるのを見たくはない。
昨年、「会社を辞めようか悩んでいる」と、ブログに書いていたのはこれが背景。
僕は好き好んで会社を辞める人間ではない(それ程、変化を好むわけでもないし)けれど、状況によっては、最悪の結果も已む無しと腹を括ったのが昨年夏だった。



ただ、会社を辞める事を考える前に、(制限時間はついているけど)出来る限りの事はしようと思った。いろいろ話をした結果、捨てる神あれば拾う神あり、という表現が正しいかどうか分からないけど、僕のビジネスに興味を持ってくれる部門が現れ、出資に応じてくれた。
僕の所属部長だった経理部長も、僕の帰り方にオプションをくれた。
そして、今回の会社設立が実現した訳で、理解を示してくれた各位には、どれだけ感謝をしても、し足りない。

勿論、会社設立がとんとん拍子にいったわけではなく、稟議を出すまでの間の、現地(社内)での調整はきつくかったし、これには大いに悩んだり困ったりした。
春からの続いたゴタゴタの結果、精神状態はかなり悪くなった。
ストレス性の喉・口の痛みはまだ付きまとっているし、血圧は1年で跳ね上がった。更に、夜は電気を消して寝られない。
こんな感じでストレスに満ちて、健康を害した1年だったけど、なんとか会社を設立したし、1年前に、現地完結で会社を作ろうとしていた時よりも良い結果に繋がった。
出資をしてくれる部門は、金融、物流、人材などを一貫して行っている部門なので、ここと連携してフルパッケージでの請負を行う事も出来るし、逆に、コンサルティング部分だけ(M&Cだけ)の小回りが効く対応も可能となる。
悩んだり焦ったりしたなかで、応援してくれる人たちもたくさんいて、この方々に力をもらってここまで来た。だから、応援して頂いた方々には、今でも深く感謝している。

困ったり、悩んだり、感謝したり、喜んだり。
本当に、喜怒哀楽にとんだ1年だったけど、その結果、今の自分があり、M&Cがある。
恩のある経理部の背番号も外して、出資してくれる部門に籍も移した。
この案件紐付きなので、この事業を成功させるしかない。

次は第2ステップ(日本統括会社の設立)に繋がるように、自信を持って頑張ろう。
ちょっと気を許すと、すぐ自信を無くしそうになるので。
まだまだ、活動は始まったばかり。
僕のビジネスのアイデアはまだまだ不十分で、もっと頭を使わなくてはならない。
課題山積だけれども、一つづつ解決していこう。
その姿を見ていてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です