香港(前向きな精神状態になってきている)

半年ばかり、精神状態がよくなくて、執筆も出来ないし、不安でたまらない気持にいつも襲われていたが、随分回復しているのを実感する。
そんな訳で、執筆を開始した。
半年間書いていないと、書きたいものがいっぱい有って苦労する。
ともあれ、優先順位1番が、「中国ビジネス・投資Q&A」の改訂版。
これは、夏には完成させる。

同時進行的に、「中国コンサルタントができるまで」の第二弾(中国コンサルティング開業記:仮題)の執筆も開始した。
これは、移動中(飛行機の中とか)に限定して書いていこう。
この本は、コンサルティングをやろうと思い立ってから、どういう方法でビジネスにしてきたか(本を出して、連載持って、提携先を見つけて、ビジネス開始して・・・)を本にする予定。
ちょっと、ドタバタ系のビジネスノウハウ本になるのかな?
「中国コンサルタントのできるまで」の香港ポストの連載が6月中に終わってしまうので、続編として早く書かねば。



あともう一つ、企画ものを1冊書く予定で、出版社も概ね決まりそう。
9月書き始めで、年内完成を目指そう。下準備は既に開始したので、書き始めれば、3ヶ月で書けるであろう。
内容はまだ言えないけど、日中投資機構さんとの会食時にヒントを貰ったもの。

ともあれ、年内3冊書き上げだ!



あと、新規ビジネスも開始したいと思っている。
具体的な内容は、まだここでは書けないものが多いけれど、その中の一つとして、出版コーディネートの様な事を始めようと考えている。
これは、自費出版書籍(主に中国関連。但し、内容はビジネス、その他を問わず)の製作・企画なのだけれど、僕が年に1回優秀作を選んで、それを書店(日本、香港、中国)に流すお手伝いをしようというもの。
最初は、作品が集まらないであろうから、もう少し柔軟に対応した方が良いかもしれない。
ともあれ、この企画を実現させるには、出版社、流通との協議、仕組み作りが必要であるが、この目処は付いている。
定着するまで(作品がたくさん集まるようになるまで)、5年以上かかるかもしれないけれど、年内には開始するつもりので、我と思わん方は、執筆を開始して、相談してきて下さい。
自費製作本なので、初期製作費用がかかるのですが、食いつきがよければ、次に繋がります。
僕も、最初の1冊(Q&A2002年版)は自費製作形式だったけど、出版から4ヵ月後には普通の本が出せたし。
勿論、最初から通常の方法(コスト・リスク出版社負担)で本が出せれば一番いいのだけれど、幾つかある方法(選択肢)の一つとして広めていきたいなという考え。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です