香港⇒上海(亀一の失策をリカバーする飲み会を広州にて開く)

朝便で上海に移動。
昨日の酒が若干残っており、空港・機中では熟睡。
上海到着後、休み明けの亀一に電話を掛ける。

水:今日から復帰だな。
亀:は!ご迷惑をおかけし申し訳有りませんでした!!
(必要以上に肩に力が入った受け答え)
水:例の会の企画はどうだ。
亀:は!これから始めます。
水:(心の中で)まだ何もやってないということだな。

例の会の経緯は以下の通り。

● 広州では30’sという30代を主体にした集まりがあって結構盛況。
  亀一もこれに参加していた。
    ↓
● その後、亀一が仲の良い友人と77会というのをつくり、これが20代の会に発展(別に1977年生まれでなくても参加可なので数十人が集まる会になった)。
    ↓
● 幹事は初代結成者が持ち回りでやっていたようであるが、元祖メンバーが一人一人と異動になり、亀一は幹事の仕事をサボっていたら、そのうち、亀一の居場所がなくなってしまった。



● そこで以下の会話。

水:ブログも更新しないし、幹事もサボるからこういう事になるんだよ。
  だいたい、20代の会を作るというので、(30代の会に対抗して)広州の若手を束ねる気概がでてきたと喜んでいたらなんというていたらくだ。
亀:いや、そこまで大それた事は考えてなかったんですけど。
水:ともあれだ、世界を束ねるにも先ずは町内からだ。
  広州の若手も束ねられねばこの先の展開はできんぞ。
亀:いや、本当に束ねる気なんてないんですけど。
水:まあいい、リアル77会というのを新しく作れ。
  君の売りは、77会の開始メンバーの一人だという事だけだからな。
  水野が参加してもいいぞ。
亀:いや、事を荒立てるような名前は勘弁して下さい。
  広州で仕事をしにくくなっちゃうじゃないですか。
  でも、広州の若手で水野さんと飲みたいという人間がたくさんいるんですけど。
水:じゃあ、早速会を企画だ。
  9月19日(火)の夜に久しぶりに広州に泊まるので、その日に宴会を企画せよ。
亀:若手に声かけても本当にいいんですか。
水:水野は若手と飲むのは大好きだ。
  10代でも、20・30代でもいいし、性別問わんから、声をかけるように。
  水野真澄 with リアル77会で行くぞ。
亀:頼みますから会の名前は変えてください。

という経緯で、広州で飲み会を企画しようという事になり、亀一に取り纏めを任せたもの。
とは言え、亀一が取り纏めをしているので、実現に到るかどうか・・・
実現しても一回で終わりという悪い予感がする。

ともあれ、会の名前は、「水亀(みずがめ)会」に決定。

9月19日決行。
在広州の自称若手(40代でもOK)は振るってご参加を!
連絡先は、亀一に考えさせます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です