東京⇒香港(神田やぶそばで日本ながらの楽しさを感じる)

昨日の酒が残っているので、お昼までのんびり寝る。
ちょっと遅めにチェックアウトして、移動の荷物を抱えてタクシーでやぶそばに。
出張の締めくくりは渋くいこうという作戦。
到着は1時半頃だったので、店は満席だたけど、それ程待たずに席に案内された。
そば屋の楽しみは、お酒とつまみ。それも、昼がよい。
だから、(仕事中酒を飲むわけにはいかないので平日には行けず)なかなか行く機会がない。
今日の様な機会は大切だ。

お昼にのんびりそば屋に行く時は、そばは最後まで取っておき、海苔、合鴨、かまぼこなどで、ビールかぬる燗を飲んでのんびり。
気の合う友人と一緒で、のんびり話しながら時間を過ごせればもっと良い。
そんな時間を過ごせるのはなんとも贅沢な事である。
でも、お昼にそんな感じで楽しめるのは、つまみが美味しくて、雰囲気が良いそば屋に限られるので、条件を満たすところは意外に少ない。
TVがついている様な店はバツ。あまりに近代的なところもバツ。うるさいところもバツ。
その点、神田やぶそばはさすが老舗で、他の店には出せない雰囲気と味。
4月の出張で、亀一を連れて久しぶりに行って、良さを再確認した次第。

1時間ちょっと店にいて、ビールを2本(大瓶1本、小瓶1本)とつまみをたくさん。
最後に月見そばを食べた。
そばは小さくて丁度良い分量。
こんな楽しみ方は、さすがに日本でしか出来ないな。
お勘定の時に、お店の方から、「たくさん召し上がって頂きまして」と喜ばれる(?)。

店を出たら東京駅に直行し、成田エクスプレスで空港に。
空港では昼のビールが効いてきて軽く転寝。
今日中に、明後日掲載の中国ビジネス講座(NNA)の原稿を書かなくては・・・、と焦るが眠気には勝てない。
香港に到着してから書く事とする。
飛行機は予定通り18時50分に離陸。
機内食があまり美味しくなかったので、ゲートの近くの売店で買ったおにぎり2個(梅じそ、いくら)を食べる。
大変美味しい。売店おにぎりもここまで進歩したものかと感心。
機内食ももう少し頑張って欲しいものだ。
ともあれ、出張は無事終了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です