上海⇒東京(中国発のフライトの中で初代ゴジラを鑑賞する)

+++先週更新できませんでしたので、数日に分けて1週間分を纏め更新しています+++

朝9時発の飛行機だったので、5時半には起床して、6時半に家を出る。
運良く直ぐにタクシーがつかまり、7時半には空港に。
チェックインも直ぐに済んだが、朝早いので眠たくて仕方がない。
搭乗は予定通りの時間。
8時半に座席を確保し、直ぐに寝る。
夢うつつの中で、機体が動く音や、かすかな揺れを感じていたので、「随分時間が経ったかな。今はどこかな」と考えて目を覚ましたら、まだ飛んでいなかった。
どうやら酷い曇りなので、随分インターバルを置いて飛ばしているらしい。
成田到着後、本社に直行して打合せをしなくてはいけないが、どうやら遅れる事になりそうだ。

半ば観念して、講演会の資料に目を通す。
特に、木曜日の名古屋の講演は、「委託加工」だけで約4時間話さなくてはならないので、結構大変だ。初めての演題でもあり、ちょっと緊張。
ただ、業務ではいつも接しているテーマなので、一通り資料に目を通して感触を掴む。

終わると食事。
エコノミーにしては、まあまあの水準であろう。
ついでに、映画を見ようと考えてメニューを探す。
「ミッションインポシブル3」は、時間が足りなさそうなのでパス。
「元祖ゴジラ(上映時間70分ちょっと)」があったので見る事にする。
演技が少々大げさな感じもするが、内容は結構面白い。
特撮は今とは比べる術も無いが、メッセージ性も有ってしっかりした映画。

日本も50年前は、別世界だったのだなぁと驚く。
東京も、都会とは思えない状況。
ゴジラがきた時の台詞が、「また疎開か。いやだなぁ」というのが、時代を表している。
やはり、戦争というのは、実体験は半端でなく怖いのだろうと思う。

成田到着は1時間遅れ。
リムジンバスに飛び乗り本社に。
30分遅れで打合せを開始。
2件の打合せをこなして、実家に宿泊。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です