大阪⇒名古屋⇒東京(日本出張を振り返って-その2)

26日の朝便で名古屋に移動。
前日の午前中に人身事故が有った様で、1日日程が狂っていたら、定刻に到着できなかったところ。翌日だったので、混乱もなく午前11時には名古屋駅に到着した。
朝食を食べていないので、まずは、名古屋駅構内にあるラーメン横丁(的なラーメン街)でラーメンを食べる。

実は、前日のお昼に、急にラーメンが食べたくなり、こういう時に限って、探しても探しても見つからず。致し方なく、前に入っておいしくないと分かっているところに入ったら、やっぱり美味しくなくげっそりした。
その気分を引きずったまま夜になったので、敗者復活戦として、再度、ラーメン屋を数件吟味。
これだ!と思って入った店も、結局、いまいちという悔しい一日であった。
そんな訳で、「よい場所にあたるまでラーメン食べよう!」と意気込んで、3食連続ラーメン屋で食事となった次第。
何事も、意地になるのが僕の悪いところだ。
期待に胸を膨らませて入った店は、やはりいまいち。
昨日の酒が、ちょっと残っていたので、ラーメンの味が十分に楽しめなかったという面はあるのだが、3連続で外れると、さすがに力が萎えるものである。
勉強会までは、まだ時間があるので、またもやクイックマッサージに行く。
足マッサージを30分と、肩を30分。
これも上手くなかった・・・
名古屋と相性が悪いのであろうか。



午後2時〜4時半に東海日中貿易センターの勉強会での講師。
加工貿易禁止項目とその計数的(税コストに与える)影響、中国でのP/E課税、中国現法からの国内再投資、etc.のトピックスを解説した。
終わると名古屋駅に直行して、東京に移動。
名古屋を去る時に、駅前に、「サラリーマンホテル。1泊2100円」というなんとなく物悲しい
看板を見つける。
1泊2100円でサラリーマンかぁ。
「悲しいぞサラリーマン。せめて学生ホテルとかの名前にしてくれ!」という感じ。
それでも、興味をそそられ、急いでいるのに現物を見に行ってしまった。
それ程大きな建物ではなかったが、それでも外見は悪くない。
少なくとも、2100円以上取る建物の様に見受けられる。
何でそんなに安いのであろう。
一度、中を覗いてみたい。

夜は、同期の清瀬君、元香港駐在の谷垣君などと会食。
焼き鳥屋でたくさん飲んだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です