大阪(日本出張を振り返る-その1)

24日(火)の朝10時発便で大阪に出発。
毎週、最低一回の足マッサージをノルマにしている昨今の僕なので、香港空港内で足マッサージを20分やってもらう。
若い男性だったので、技術がちょっと心配されたが、結果はまずまず。
合格。
飛行機に乗り込み、「中国コンサルタントのできるまで」の第2作を執筆。
これは、かなり前から書き始めているが、前作と比べて、どたばたが少ないので(コンサルティング業務をどの様に開始していったかという記録なので)、なかなか筆が進まない。
やっと第一章を終えたところ。

関西空港には定刻通り到着し、ラピートで市内にでて、大阪本社に顔を出す。
タクシーの運転手さんがにぎやかな人で、「そうですか!香港にお住まいですか!それはお見それいたしました!!」という感じで会話が続いたので、なんとも楽しかった。
大阪本社での打ち合わせ後、ひょんなことから神戸で会食をすることとなり、(初めての神戸なので)右も左もわからないまま電車に詰め込まれ移動。
MeiHuaという、ジャズ系中華料理の店に行って、懐かしい味(中華街の味って感じかな)の中華料理をたくさん食べる。
大阪では2泊して、打ち合わせ数件、あとは、新聞社の取材を数件受ける。

大阪でも2回マッサージ屋に。
どうも、マッサージが止まらなくなってきたようだ。
そのうちの1軒で、職人的なおじさんが担当してくれ、これが大変当たりであった。
何もいわないのに悪いところを見つけ、40分間、悪い筋3箇所だけ揉み解してくれた。
これで、腰の軽い痛みが直り、のどの圧迫感が少なくなった。
PC、運転などで指先を恒常的に使う人は、腕から喉にかけての筋が張り、喉が圧迫されるという説明であった。
「これはめったにないほど筋が固まっている」と驚かれながら、揉み解してくれ、さすがに喉は完全には治らなかったがちょっとよくなった。
クイックマッサージでこれほど技術がある人がでてくるとは、嬉しい誤算だ。
また行きたいけど、次の大阪はいつだろう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です