風邪をひいたが食欲に火がつきラーメンとカレーを食べる

午後6時半発便で上海から香港に移動。
昨日の宴会のあと、部屋の冷房を強にしたまま倒れ込むようにして寝たので、風邪をひいたらしい。若干微熱があるし、のども痛い。
まあ、軽症なので週末のんびりすれば治るであろう。
体調の悪い中。面談3件こなしたので、ちょっときつかった。

空港では、いつもの癖で、出国審査後、シャロンに直行し食事をする。
いつもは、カツカレーか、てんぷらうどんのどちらかを食べるのであるが、新メニューに眼が留まる。
キムチ焼肉ラーメン(という感じの名前)。
好奇心に勝てずに注文するが大外し。
スープはともあれ、麺がぐだぐだ。
注文してから直ぐに出てきた事を考えると、既に、過分にゆでて(麺がどろどろだった)どんぶりに入れたままになっているのではないか(注文を受けたらスープを注ぐだけ)。
もう少し、試行錯誤を重ねてもらって、品質が向上してから食べた方がよいな。

とは言え、今日はなぜか食欲に火がついてしまっている。
どろどろ麺のキムチラーメンを全部食べて上で、ビーフカレーも頼んでしまう。
たくさん酒を飲んだ翌日は、なぜかおなかが空いて仕方がない。

食べながら、昨夜の飲み会(悪女飲み会第2弾)を、メンバー拡大して、「悪人クラブ」と名をつけ、定期開催してみたらどうだろうと考える。
カモフラージュで善人も入れよう。
上海きまぐれ狂想曲の横路さんは喜んで入会しそうだ。
NNAの三井さんも入れよう。
一般公募もしようかな。
ちょっと検討する価値がありそうだ。


因みに、昨日の悪女トークは、危なくて紹介できない内容が多いのだけど、比較的まとも(!?)なのが、「私は友人の男性を高速道路のサービスエリアに置き去りにして鍛えるのが好き」という逸話である。

彼女は内向的な男性を見ると、無性に腹が立って「鍛えなくては!」と意気に燃えるらしい。
そんな感じで、何人かの友人男性を、高速のサービスエリアに置き去りにしてしまったようである。
(トイレ行ってる間に車出されたら終わりだよなぁ~と怖くなる)。

そのうち一人は、立ち食い蕎麦屋のおばさんに泣き付き、おばさんの仕事終了を3時間待って、(おばさんの車で)一般道まで送ってもらい、そこからバスと電車を乗り継いで、とてつもない時間をかけて家にたどり着いたようである。

悪女いわく、「家に着いたら、嬉々として電話をかけてきました!苦労して家にたどり着いたのを話したくて仕方がなかったみたいです。彼の精神修行にもなったし、私って良い事してますよね!」。

う~ん、悪女と言うかSというか、特殊な嗜好の有る人たちのような気もするが・・・
ともあれ、気の弱い、内向的な人間が悪女に近づく際は要注意だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です