昔の写真は恥ずかしい

旧正月空け早々、夜10時まで残業。
ただ、オピニオンを1本書いたし(今、書かなくてはいけないオピニオンが4本有る)、本土の部下が休んでいる間に、クライアントの方から来た質問にも代理回答したし、まずまずの立ち上がりだ。
ただ、香港は引き続き寒い。
残業してると寒さに辟易。
早く暖かくなってくれないものか・・・

またもや時が戻って先週の日本出張(最終日=6日)。
打合せを数件こなし、香港帰任便は夕方6時発。
疲れてたので、差額自腹払ってもビジネスに変えようかなぁと思っていたら、幸いな事に(機体の変更で、エコノミーの席があふれたとか)、ビジネスにアップグレードしてくれた。
嬉しい。
たいそう立派な機体で熟睡できた。

しかし、今回は、打ち合わせで歩く度に、「太りましたね」と言われるのは参った。
ここ半年で、随分体は絞っているのだが。
かなり筋トレをしているので、筋肉で体自体の厚みが増したためかとも思ったが、それ以上に、数年前の印象が強いのだろう。

何せ、香港に赴任した時は(11年前だが)ボクシングジムに通っていたので、56Kgしか体重が無かった。
髪も短髪だったし、完全に別人だ。
その時のパスポートを使っている時は、空港の入国審査でよく止められた。

2002~03年に使っていた著者紹介写真

赴任してからは、体重はあまり変わっていないと思っていたが、何の気なしに書棚の古いコンシェルジュ(2002~2003年のもの)を読んでいたら、自分が若くて痩せているので驚いた。
どうも、2004年頃に体重が増えた気がする。
まあ、徐々に絞って2002年当時にもっていこうとは思う。

とは言え、当時、コンシェルジュで使っていた著者紹介の写真がこれ。
なんと言うか、深みがないというか、若造っぽい(小僧っぽい)顔してたなぁというのが、(我ながらの)感想。
こんな写真使ってて、よく、クライアントになって頂けたよなぁ、当時の方は。
感謝しなくては。などと考える事しきりである。

昔を振り返ってみると、色々な事が恥ずかしい。
1冊目の本も恥ずかしいけど、当時の写真も恥ずかしい。

ここ数ヶ月、「なんか自分は歳取ったきがするな(外見の話)」という気がしているのであるが、とりあえず、落ち着きが出てきていると考えるとしよう。
⇒ それでも、NNAの三井さんからは、やんちゃ坊主と呼ばれたが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です